多言語サイトの作り方

キーボード多言語サイトでは、トップページに言語を選択できるボタンを設置し、各言語に翻訳されたページを表示できるように設定します。日本語で作成したサイト全体を翻訳して表示させる必要はありません。必要なページのみ翻訳して、各言語のサイトとして運用するのがおすすめです。言語ページへのリンクはすべてのページに設置し、「英語で読む」「中国語で読む」などと、その国の言葉で記載したボタンリンクで、各言語のページを表示させるのがよいでしょう。

言語が多くなったり、ページが多くなったりすると、個別にメニューを作成したりするのは大きな手間。メニューの構造などを変更するのも時間がかかります。コンテンツマネジメントシステムの多言語化機能があれば、多言語サイト用のメニューをまとめて設定し、簡単な項目であれば、自動翻訳で自動生成してくれます。選択できる言語をドロップダウンリストとして自動作成してくれたり、多言語版が作成されているページのみドロップダウンリストを表示する、などの設定も簡単です。対応言語も追加プログラムによって、40~200種とさまざま。2万円程度の費用がかかるプログラムもありますが、さまざまな手間を軽減してくれることを考えると、高い買い物ではないかもしれません。

増加する海外観光客や海外からのECサイト利用者をしっかりと掴んでいくためにも、今後考えておきたい多言語サイトの構築。コンテンツマネジメントシステムを有効活用して、効率的に運営していきましょう!